水の中でビールを作る!(一次発酵16~22日目、逆流発生!)

※当ブログで「手作りビール」や「フラスコビール」としてご紹介している飲み物は全て、アルコール分1%未満となるように原液の糖分を調整して作っております。また、ビールらしい色や泡を出すためにカラメル色素等を添加しております。 

前回(15日目)の記事では、メインフラスコ内に水が逆流した疑惑をお伝えしましたが、確証がないのでモヤモヤした状態でした。仮に逆流していたとすれば雑菌が混入しているのでビール作りは失敗です。

果たして逆流は起こり得るのか?その後1週間観察した結果をご報告します。

まずは16日目。15日目より水位はやや上昇しましたが、水槽の水面よりは下です。


17日目。水位が最低ラインまで下がりました!発酵が再開したのか、時折り泡も出ます。


試験管の水位が上がる気配がないので安心して観察をさぼっていたら…

21日目。アァッー!!!


完全に逆流していました…!


見た目は澄んでいて綺麗ですが、きっと雑菌が入っているんですねぇ。。


翌日22日目の様子です。水位は下がりましたが後の祭り。


という訳で、やっぱり逆流は起こりました。笑
ある程度予感はしていましたが、ここまで激しく水位が上がり下がりするとは予想外でした。
なんで逆流が起こるのか?どうすれば逆流を防げるのか?逆流した場合に気づけるか?
…などが今後の課題ですね。

ご覧の方の中に理科に詳しい方がいらっしゃいましたら、是非アドバイスいただければ幸いです!(^^)

※当ブログで「手作りビール」や「フラスコビール」としてご紹介している飲み物は全て、アルコール分1%未満となるように原液の糖分を調整して作っております。また、ビールらしい色や泡を出すためにカラメル色素等を添加しております。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました