フラスコでラガービール作り(1次発酵 21日目)瓶詰め失敗…!

仕込みから21日目の様子です。


フラスコの向こう側が見通せるくらい 澄んでいます。

やばい。。ビニルチューブに、エアーロックフラスコの水が逆流してきています…!


水が逆流して干上がってしまっています。。
発酵が止まった後もしばらく放置していたのがいけなかったようです。

この時点では、まだチューブ内の水の壁によって外気が遮断されていたので、メインフラスコ内のビールは清潔だったのですが…。

チューブ内の水を無理に抜こうとして、メインフラスコ内に水を垂らしてしまいました…!
痛恨のミスっ…!!


一度垂れてしまった水は取り戻すことはできませんね…。
チューブ内の水はただの水道水なので基本的には綺麗なはずですが、外気に触れていたので無菌ではないでしょう。
おそらくこの程度では腐敗しない気もしますが、安全のため今回は瓶詰めを諦めます。


という訳で、今回は1次発酵したてのビールを試飲したいと思います!


フラスコから直接グラスに注ぐと、まさにフラスコビールという感じがします(^^)


瓶内発酵を経ていないので泡は立ちませんが、 とてもキレイに澄んでいます。


メインフラスコ内が負圧になって水が逆流するくらいまで完全に発酵させただけあって、甘さがなく非常にドライでスッキリ仕上がりました。
今まで作ったビールにありがちだった「ヌカ臭さ」もなく、なかなか美味しいです。
瓶詰めできなかったのが悔やまれます。。

今回初めてドライモルトとペレットホップを使用しましたが、従来のモルトエクストラクトとの大きな違いは感じませんでした。
従来も今回も似たような酸味が印象的で、これはもしかすると使用している酵母の特徴なのかもしれません。
次回は、異なる酵母を使って味の違いを確かめてみたいと思います!

※当ブログで「手作りビール」や「フラスコビール」としてご紹介している飲み物は全て、アルコール分1%未満となるように原液の糖分を調整して作っております。また、ビールらしい色や泡を出すためにカラメル色素等を添加しております。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました