手作りビール3号に変化が…!?

手作りビール3号の瓶詰めをしてから約8週間が経ちました。
気温が低すぎて二次発酵が一向に進まなかった訳ですが、8週間が経過した現在、どうなっているでしょうか?
プライミングシュガーとして、コーンシュガーを入れたのが左側、普通のスティックシュガーを入れたのが右側です。
{E0A16C3C-57BE-41A1-BAFF-5B1FBDE251C3}

まずはコーンシュガーの方を開栓してみると…

プシューッ!という気持ちの良い音がします(^^)
グラスに注いでみると、しっかり泡が立ちました!

{75853C83-F9C2-41CD-A0DC-2E14D8747545}
瓶詰めから2週間の時点では、ほとんど泡が立たなかったので大きな変化です。
瓶内で二次発酵が進んだものと思われます。
高くても18℃、最近はずっと15℃以下という過酷な状況下でも、ゆっくりと発酵してくれていたんですね(ToT)
続いてステックシュガーの方を開栓。
コーンシュガーほどの音はしませんでしたが、グラスに注ぐとこちらもしっかり泡が立ちました!
{349CC97E-4356-45FB-9329-DDD146C15862}
両方を飲み比べると、はっきり味の違いが分かります!
ステックシュガーを入れた方が酸味が強く、なんとなく薄っぺらい味がします。
コーンシュガーを入れた方が、奥深い苦味が広がる感じて美味しいです。
失敗だと思っていた3号でしたが、美味しく出来て良かったです!
せっかく寒い時期なので、近日中にラガービールを仕込んでみたいと思います(^^)
<追記>
オクサンに2種類の成分を伏せて味見してもらったら、スティックシュガーの方が味が濃く、コクがあって美味しいとのことでした。
ん〜、僕と正反対の意見です(^^;
今度は僕も先入観なしで飲み比べてみたいと思います。
※当ブログで「手作りビール」としてご紹介している飲み物は全て、 アルコール分1%未満となるように原液の糖分を調整して作っております。また、ビールらしい色や泡を出すためにカラメル色素等を添加しております。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました