手作りビールを瓶詰めします

手作りビール2号は、醸造7日目(満6日間)となりました。
S字発酵栓は完全に沈黙しました。
レシピでは18〜26℃で7〜10日となっていますが、今回は27〜29℃の環境下で、より早く発酵が進んでいると思われるので、もう瓶詰めしていいことにしちゃいます。

必要なものをテーブルの上に置いて準備完了!

{475B74B7-7228-4822-A634-41B32A6892AF}
まずは味見のためにグラスに注いでみます。
{E19C3527-FEA4-4102-85B0-40F6B53FD587}
あれ?濁っています。
1号の時よりだいぶ濁っているなあ。
酵母がまだ沈殿してなかったのでしょうか?
早すぎたかなあ〜
不安を抱えながらの試飲。
味は悪くないです。
まろやかで優しい味わいなのはコーンシュガーの効果でしょうか。
若干甘みがまだ残っている気もしますが、まあ良いことにします。
アルコール消毒した瓶に、少量のコーンシュガーを入れます。
{1EEB6102-92FA-4ACD-8296-A27B2C775C11}
これはプライミングシュガーといって、瓶内で2次発酵を促し、炭酸を作る役割をします。
アルコール度数が1%未満になるように、入れる量には気をつけます。
そして、発酵タンクから静かにビールを注ぎ入れます。
{F5518971-5DE8-4074-8B35-1816308097DC}

消毒した王冠を、打栓器を使ってはめ込めば完成です!

{F782CB80-5191-4D40-9005-D25C07AC1A4F}
ここで、オクサンが外出から帰ってきました。
瓶詰め作業をやりたがったので、一本作ってもらいました。
{6AFEBA09-D42E-42BA-93E4-8E9A2AC5158A}
瓶詰めって楽しいですね(^^)
中瓶15本の瓶詰めが完了しました。
タンクにはまだ少しビールが残っているので、試しにグラスに注いでみました。
{7FFFEC6E-CF8E-42C9-B34B-056557909374}
写真で見ると違いがわかりにくいですが、さっきよりも色が澄んでいます。
タンクの下の方になるほど酵母が混ざりやすいから色は濁ると思っていたのに、まるで逆です。
なんでだろう(°_°)
さて、瓶詰めしたビールは、レシピによると18〜26℃の場所で3〜7日ほど2次発酵させる必要があります。
今回は台所の床下収納を使うことにします。
{C1A4DF38-1AC5-44B8-A0AC-A78126BD1A84}
床下収納の温度は26℃くらい。
外の気温が30℃くらいなので、少し涼しいですね。
{FA942FC1-109A-49E2-800C-F57BCB423057}
どうしてもレシピより高めの温度になってしまうので、2次発酵期間も短めにしようと思います。
その後は冷蔵庫で熟成させます。
いまのうちに冷蔵庫を整理しておかなくては(^^)
※当ブログで「手作りビール」としてご紹介している飲み物は全て、 アルコール分1%未満となるように原液の糖分を調整して作っております。また、ビールらしい色や泡を出すためにカラメル色素等を添加しております。 

コメント

  1. SECRET: 0
    PASS:
    手作りビール?!
    凄いですねー☆
    うちでもやってみたいと思いました!!

  2. SECRET: 0
    PASS:
    手作りビール?!
    凄いですねー☆
    うちでもやってみたいと思いました!!

  3. しま彦 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >べたーはーふ(better half)さん
    コメントありがとうございます(^^)
    手作りビールキットは通販でも買えますよ。
    過去の記事で、キットの中身をご紹介してますので、参考になれば幸いです(^^)

タイトルとURLをコピーしました