自作ビール飲み比べ

自家製ビールを瓶詰めした時からずっと気になってたんですが、最後の方に瓶詰めしたビールには、タンクの底に沈殿していた酵母が多く混入してしまったんじゃないかという疑惑があります。

それによる味への影響が気になるので、飲んでみることにします。
こちらが、最後に瓶詰めをした一本。
冷やしてなかったので、冷凍庫で急速冷却させました。
{2E3E4A97-7E01-42E7-9811-50E07BF9C9D8}

市販のピルスナーほどではありませんが、そこそこ透き通っています。

今まで飲んだ自作ビールと変わりません。
{DEB89418-D17F-4D8E-906A-83C86037F833}

味は、今まで飲んできた印象より、苦い感じがします。

ザラッとした苦味。
フルーティさも薄い気がします。
前回飲んだのは、瓶詰めしてから3週間程度経った時。
今日はそれから更に1.5週間が経過しています。
味の違いの原因が、瓶詰めの順番に起因する酵母混入のせいなのか、単に時間経過に伴う熟成度の違いなのか、判然としません。
やはり条件を揃えて飲み比べないと分かりませんね。
という訳で、急遽、別の瓶も飲んでみます。
真ん中くらいの順番で瓶詰めした瓶を、冷凍庫で急速冷却。
熟成の条件は同じです。
見た目は変わりません。
{ED0CF277-921D-4E6A-8FF1-080B274C02EF}
味は、やはり前回飲んだ時より苦味が増している気がします。
フルーティさが薄れた分、苦味やモルティーさを強く感じるのかもしれません。
以前よりコクが出てきた気もします。
先ほどの、ラスト瓶詰めビールをもう一度飲んでみると、もっと苦いです。明らかに違いを感じます。
でも、この差は温度の差によるものかもしれない。
2本目を冷やしている間に、1本目がぬるくなってしまったんです。
不手際ですね(^^;
という訳で、二本とも飲みかけの状態で冷蔵庫へ。
しばらく放置して同じ温度にしてから、飲み比べ再開。
ん〜。若干、ラスト瓶詰めビールの方が苦い気がしますが、さっきほどは違いを感じません。
たくさん飲み過ぎて、味がよく分かんない(^^;
結論として、瓶詰めの順番による味の違いはよく分かりませんでした。
分かったのは、熟成期間が長くなると、フルーティさ薄れて、代わりに苦味やコクが増す気がするということ。
今後の研究課題ですね(^^)
※当ブログで「手作りビール」としてご紹介している飲み物は全て、アルコール分1%未満となるように原液の糖分を調整して作っております。また、ビールらしい色や泡を作り出すためにカラメル色素等を添加しております。 

コメント

タイトルとURLをコピーしました